タグアーカイブ: COVIDー19

COVIDー19への対策中であることをPRしよう

のぼり旗は、COVIDー19こと新型コロナウイルスへの
感染防止対策中であることをアピールしたい時にも便利です。

現在、飲食店などを経営している人は、お客様の減少に
悩んでいることが多いのではないでしょうか。

経営への悩み

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、外食や買い物などを
控える人が増えていますが、それはお店を利用することによって
ウイルスに感染してしまうことを怖れる人たちの不安が原因です。

本当は、お店で美味しい食事を楽しんだり、買い物をしたいと
思っていても、もしもウイルスにかかってしまったらどうしよう
という気持ちがあるので、今はやめておこうという判断をしてしまうのです。

この問題がある限り、素晴らしい料理を出している飲食店や
以前から人気があったお店でも、多くの人に来てもらうのは
難しいと言えるでしょう。

そこでお客様の減少を止めて、利用者を増やすために考えられるのが
のぼり旗を使ってウイルスへの感染防止対策がきちんとできている
お店であることを知らせることです。

のぼり旗は人目につきやすいため、通りがかった人が
このお店に入ってみたいと思った時に感染防止対策ができていることを
瞬時に伝えることができ、入店を促す効果が期待できると考えられます。

のぼり旗は店舗入り口に立てるのがおすすめ

飲食店などがCOVIDー19の感染防止対策中のお店であることを
お客様に伝えたい時は、店舗入り口にのぼり旗を立てると良いでしょう。

店舗入り口はそのお店に興味を持った人や、以前からそのお店を
利用している人が訪れた時に必ず見る部分なので、ここに新型コロナウイルスへの
感染防止対策中というのぼり旗が立っていれば、安心感を持って
入店できると考えられるからです。

店頭ののぼり

店舗の入り口付近には、飲食店であれば、おすすめの食事メニューを
ポスターなどで知らせている場合も多いのではないでしょうか。

お客様が通りがかってそのメニューを食べたいなどと考えた時には、
従来ならばすぐに入店してくれることが期待できましたが、
新型コロナウイルスの不安がある今では、入っても安全な店なのかを
チェックしたいと考える人が多いはずです。

そんな時に感染防止対策が行われている店だということが
のぼり旗を見てわかれば、お客様に安心感を与えることができます。

店内にアルコール消毒液を置いたり、飛沫感染防止のための
対策をしていたとしても、実際にお店に入ってみるまでは
お客様にはわからないことも多いため、店舗の入り口にのぼり旗を立てて
アピールし、集客に役立てるのがおすすめです。